レンギョウの花言葉は?春にふさわしいその訳とは?


あざやかな黄色のレンギョウは
早春を彩る代表的な花ですね!

今 我が家の庭で満開になっているレンギョウです(*^ ^* )
樹齢は15.6年になると思います。

植えっぱなしですが、毎年綺麗な黄色いお花を
たくさん咲かせてくれます。

毎年 楽しませてもらっているにもかかわらず
レンギョウのことを詳しく知らなかった私。

今回、詳しく調べてみました←・・オソイ 

Sponsored links



レンギョウには、春の季節にぴったりの花言葉がありました。

春にぴったりな花言葉とは?


レンギョウの花言葉

希望
希望の実現
叶えられた希望
豊かな希望
集中力
情け深い
とまどい
遠い記憶
楽しい語らい
言いなりになる


レンギョウの花言葉は、春の季節にふさわしく
夢や希望を与えてくれる言葉が多いですね!

長年レンギョウを栽培していながら、
花言葉にこんな意味があったとは、驚きでした(^m^ )


その訳はなんだろうと考えてみると・・・

レンギョウは寒くて厳しい冬を乗り越えて、
春を待ちわびていたかのように
いっせいにたくさんの小さな花を咲かせます。


満開の今は”燃えるような黄色”という言葉がぴったり
のお花です。

2

繁殖力も抜群で、垂れ下がった枝が、
土に触れると
そこからも根を出して、一つの株ができます。


その他にも、挿し木でも簡単に増やすことができます。
家では、毎年花をわけてほしいという方がいるので
何本か挿し木をしてあります。


花が終わると枝が大きく伸びるので、
1本あればたくさんの挿し穂が取れ
挿し木ができます。

このように、たくましくて繁殖力が抜群な性質からも
”希望をもって前にすすむ”・”希望が叶えられる”という
花言葉に繋がっているのかもしれませんね(*^^*)


では、そもそもレンギョウとはどこから、
そしてどんな花なのでしょうか?




レンギョウとはどんなお花でしょう?

レンギョウは、大きく分けると日本原産種と中国原産種
の2つになります。

日本原産種は小豆島の「ショウドシマレンギョウ」
中国地方の「ヤマトレンギョウ」があるそうです。
ショウドシマレンギョウは絶滅危惧種に指定されています。


広く普及しているものは、中国原産のレンギョウです。
桜と同じ頃に満開になり、とても綺麗です。


さらに、中国原産種は
「チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)」と
「シナレンギョウ(支那連翹)」の2つがあります。

シナレンギョウは枝が直立し、卵色の花が咲きます。
チョウセンレンギョウは、成長すると枝が弓なりに
伸びてしだれ、濃い黄色の花が咲きます。


このことから、我が家のレンギョウは
チョウセンレンギョウかと思います。


枝は、上向きでなく、大きく下に垂れるように
なっています。
濃い黄色の花が咲いています。


欧米では、”春はレンギョウの花で始まる”といわれます。
黄金色の小さな花が鈴なりに咲く様子から、
英名では、”ゴールデンベル”というそうです。


Sponsored links


レンギョウの花をよく観察すると・・

2

レンギョウの花を、観察すると
花びらはだいたい4枚、たまに5枚の花も
あります。

枝にびっしりと隙間なく花がついています。


庭には八重桜もあるのですが、この桜が咲くと
レンギョウとの競演になり、とってもきれいです。

レンギョウは花がながく持つので、桜の淡いピンクと
はっきりとしたレンギョウの黄色の花とのコントラストが
なんとも春らしい景色になってくれます。


新潟県の新発田市紫雲寺地区では、
レンギョウを町の花としているそうで、
今では3万本以上が植えられているとのこと!


春いっせいに咲くと想像もできないくらいに
壮観な眺めなのではと思います!


おわりに


春、桜の季節に満開になるレンギョウについて
みてきました。

レンギョウの花言葉には
春からスタートする人を後押ししてくれるような
言葉がたくさんありましたね。


春は別れの季節ともいいますが、
新しい出会いの季節でもありますね!


植物や自然は、静かに見守り
応援してくれているのかもしれないですね!



最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored links


関連記事はこちらです

Sponsored links


SweepWhite

アーカイブ