life

カルバペネム耐性腸内細菌とは?日常生活で注意することは?

カルバペネム耐性腸内細菌とは?

カルバペネム耐性腸内細菌?
あまり聞きなれないことばですね。

米疾病対策センターによると、カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)
の院内感染が問題になっていて感染した場合の致死率は
40~50%といい、とても深刻な状況だと注意喚起しています。

このカルバペネム耐性腸内細菌(CRE)について調べてみました。

そして、日常生活での注意点について考えてみました。

カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)とは




(Klebsiella pneumoniae/CDCホームページより)

イミペネムやメロペネム、ドリペネムなどのカルバペネム系抗生物質は、重篤な感染症の治療薬として最後の切り札的抗菌薬である。腸内細菌に対する効果は抜群であるが、数年前から治療の失敗が報告されていた。

原因はカルバペネム系抗菌薬に対し耐性を獲得した、肺炎桿菌や大腸菌、さらにその仲間の腸内細菌科に属する細菌である。

死亡率は40~50%
発表によると、過去10年間でカルバペネム耐性の腸内細菌科の細菌が1.2%から4.2%に、特にクレブシエラ・ニューモニエ(Klebsiella pneumonia、肺炎桿菌)に限ると1.6%から10.4%へと増加。

また2012年上半期では、短期急性期病院の3.9%、長期急性期病院の17.8%でCREによる感染症が発生したという。

死亡率は非常に高く、血流感染を起こした場合の死亡率は40~50%。

これまでのところ、CREは病院だけで発見されている。だが、CDCは外来エリアへの感染拡大の可能性を否定していない。

感染の拡大を食い止めるために、医療機関に対し、手指衛生などの対策や、患者に対するCRE検査、感染者の隔離、外部との接触制限などの徹底を求めている。



抗生物質には、カルバペネム系、ペニシリン系、ペネム系、セフィム系
など10系統以上あります。

CREとは、「Carbapenem-Resistant Enterobacteriaceae」の略で、
最後の切り札的抗菌薬であるイミペネムやメロペネムなどの
カルバペネム系抗菌薬に対し耐性を獲得した、肺炎桿菌や大腸菌、
その仲間の腸内細菌科に属する細菌のことだそうです。

つまり、抗生物質の効かない構造に進化した細菌のことなんです。

抗生物質を多用すると、耐性のある細菌に変わるといいますね。
多くの抗生物質を複合的に使用すると、多剤耐性菌になってしまうのです。

そもそも、抗生物質は微生物の発育を阻害する化学物質として発見されました。

最初の抗生物質ペニシリンは、1928年にイギリスの細菌学者アレクサンダー・フレミング博士によって見出されました。

それは、シャーレに生えたアオカビから偶然発見されたものでした。
古くなった果物などに生えるアオカビの成分「ペニシリウム」が世紀の大発見と言われる「ペニシリン」だったのです。

フレミング博士は鋭い洞察力や観察眼を持つことで知られる存在。

ペニシリンの発見は「奇跡の薬」といわれ多くの命を救いました。
1945年には、フレミング博士をはじめとする3人の学者にノーベル医学・生理学賞が授与されました。

多剤耐性について


多剤耐性とは、微生物が複数の薬剤にたいして、
耐性をもつことなんです。


耐性をもつと、今までその疾患に対して有効に効いていた薬剤が
効かなくなってしまうということですね。


今まで、病原体が耐性を獲得するのは、突然変異するためとされていましたが
現在では薬剤に対する耐性を持ったDNA分子の伝達
も要因のひとつと考えられているようです。


ただ、多剤耐性菌は、健康な状態では皮膚や粘膜の表面に付いて
体の中にはいったとしても、病気になることはありません。

私たちの身の回りにある、常在菌と同じで、
からだの免疫力が落ちたとき、感染してしまうのです。

多剤耐性菌には抗生物質が効かないため、治療が難しくなります。


  • 多剤耐性菌は海外で感染することも

    日本国内だけでなく、海外の医療施設でみつかった耐性菌が
    持ち込まれることもあります。

    多剤耐性菌が問題になっている地域に渡航され、
    体調不良を発症した場合は、早めに受診し渡航先などを医師に話してください。


  • 消毒方法

    腸管出血性大腸菌(O-157など)やサルモネラ菌など
    食中毒を起こす菌の消毒と同じようにアルコール殺菌や、加熱消毒が有効です。

耐性菌大繁殖への警告

抗生物質は10系統以上あるそうですが、一番心配されるのは
耐性菌が大繁殖することで、単一の抗生物質も
さらには抗生物質の「組み合わせ投与」も効果がなくなってしまうことです。

今まで、切り札とされていた抗生物質などの薬剤が効かないと
もう、お手上げの状態になってしまいます。

では、このような状態に陥らないために
私たちにできる対策はないのでしょうか?

私たちにできること


人類の歴史は感染症との闘いとも言われますね。

その中で私たちにできることはと考えてみると、
免疫力を落とさない食生活で、身を守ることかなと思います。

人の体の全免疫システム全体の70%が腸に集中しているといわれています。

そのためには腸内環境を整えることで、NK細胞をはじめとする
免疫機能を健康にすることが大切。

身体の免疫機能が正常であれば、
感染症だけでなく、そのほかの疾患にもかかりにくくなりますものね(゚ー゚)(。_。)

さらに病気にかかったときも、軽いものであれば
安易に抗生物質を使わないことなども、心がけるといいのではと思います。


腸内環境を健康にするためには


腸内には、悪玉菌、善玉菌、日和見菌がいますが、
健康な腸内菌のバランスは、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%。

善玉菌の代表はビフィズス菌、それに次いで乳酸菌なんです。

人がもともと持っているビフィズス菌が好む
エサになる食事をすることと、
適切な睡眠と休養でストレスをコントロール!


健康な腸内環境をつくることができると
免疫機能が活性化し、様々な感染症にもかかりにくく
なりますね!

腸内環境についてはこちらにも♪

腸内環境が悪化する原因は?乳酸菌を食べるだけでは改善できない?



スポンサーリンク



ABOUT ME
ゆいか
管理人のゆいかです。便利なこと、楽しいこと、美容・健康によいことなどを知ることで、明るく元気に生活できるといいですね。そんな情報をお伝えしていければと思っています。