防災

災害の備え!ペットと避難も多頭飼いの我が家の対策は?

災害の備えペットと一緒に避難する場合。

最近、地震や災害が多いので本気で ペットと避難するための備え に取り組まなくちゃ!!と思っているのでは?

東日本大震災以降、環境省からはペットの同行避難が推奨されています。

同行避難とは、避難所までペットを同行して避難することを言います。
避難所内でペットと同じ場所で一緒に生活はできないとのこと。


スポンサーリンク



また避難所の状況は、住まわれている地域によって違うので、事前に確認しておくと安心ですね(゚ー゚)

管理人の地域には、避難所も少なくて住民全員の避難も難しい状況なので、当然ですがペットは無理。

しかも、我が家は多頭飼い。
4頭(人)のわんこ達と暮らしているので避難所にはいかない選択をしています。

災害時に、どんな状況になっているのかわかりませんが、車での避難生活をと考えています。

災害時に、ペットを守れるのは飼い主さんしかありません。

そのために備えたい備蓄や心構えを、準備していきたいと思います。


ペット防災の備え

ペットのための防災の備えには、ペット用の食事や常備薬・シート・ペットキャリーなどがあります。

ですが、その前にペットが飼育されている場所の安全を確かめることが大切。
室内の安全対策からみていきましょう。

室内の飼育場所の安全対策


災害はいつやってくるかわかりません。

そのときペットがどこにいるかも、定かではないですね。
ですが最低限、夜ペットが眠る場所は、安全が確保できるように対策をしましょう。

  • タンスや本棚が倒れてこないように固定する

    ペットのケージのそばに背の高い家具はなるべく、置かないようにできるといいですね。
    すぐそばでなくても、家具が倒れないように固定したり、引き出しなどが飛び出さないように対策をしましょう。

  • 窓ガラスが割れないような対策

    窓ガラスが割れても飛散しないよう、飛散防止フィルムを張りましょう。
    UVカット効果や汚れ防止にもなるようです。

    我が家でもペットのケージの近くの窓に貼っています。

  • 家具などが、滑ってこないように対策

    災害のとき家具が滑ってくると、人もペットもとても危険。
    倒れたり滑ったりしないよう、対策しましょう。

  • 上から物が落下しないように対策

    天上からも照明器具や、壁に飾った絵や置物が落下しないように対策を。
    危ない場所には、物をおかないようにできると良いですね。



屋外の飼育場所の安全対策


ペットの飼育場所が屋外の場合も、周りを点検し十分な対策をしましょう。

  • 落下物がないように対策

    屋外の場合、風で飛ばされるなどで落下物や飛来物が心配ですね。
    考えられる対策をしても心配な場合は、家の中に入れてあげましょう。

  • ブロック塀など、倒れてこない場所に

    ブロック塀など、災害時に倒れる危険のありそうな、構造物には注意が必要です。
    なるべく危険の少ない場所に移動できるといいですね。


  • 台風などに備えて、飼育場所を補強する

    飼育場所を補強することも大切ですが、台風など事前にわかっている場合は、一時家の中に避難させてあげましょう。

我が家の場合は小型室内犬なので、寝室に4つのケージを置いて休んでいます。

安全対策としては、ゲージのすぐ上にある窓ガラスにはシールを貼ってガラスの割れ防止や、暑さ寒さに備えています。

また、すぐ近くにはドレッサーもあるので、地震の揺れでゲージの方に滑っていかないように対策しています。

地震など災害が起きたとき、どんな状況になるかを考えても、きっと想定できないことばかりかも(^・ェ・^)


ですが、できるだけの備えはしておかなくちゃと思うんです。


なので、我が家では車での生活を想定し次のようなものを準備しています!



ペットの災害備蓄品

ペットシーツとフードです。

ペット用の備蓄として、我が家ではフードとペットシーツは、1カ月分をストック。

常備薬も、いつも少し多めにもらっています。
そのほかの準備はまだ全然できていない状態(゚д゚)

なので家族の備蓄同様に、順に備えていこうと思います!

ところで、備蓄品は多くは3日分とか5日分が推奨されていますね?

でも、想定外のことが起きることも考えると1カ月分くらい備蓄しておけば安心かなと(゚ー゚)(。_。)


こちらはワンちゃんのための防災用品のリストです。

check-t19犬の防災用品 備蓄リスト


  • フード・水・・・約1か月分

    災害時は、人と同じようにペットもパニックになります。
    特に、犬の場合は食べなれないフードを食べると
    胃腸の調子を崩すことも!

    いつも食べなれたフードを用意してあげることが
    大切です。


  • 食器と水入れ

  • ペットシーツ・・・約1か月分

  • 常備薬

    慢性病などで、毎日飲んでいる薬がある場合は
    少し多めにもらっておくといいです。

    特に急に薬をやめるとよくない疾患などがあるときは
    獣医さんとよく相談されてくださいね。
              
    我が家の場合も欠かせないお薬があるので、
    1カ月分くらい余分にいただいています。


  • 救急セット

    怪我などの備えとして、消毒薬やガーゼ・ペット用の包帯
    化膿止めなど。

    炎症や化膿止めのために、抗生物質の飲み薬も
    あるといいですね。


  • キャリーバッグやクレート

    いつも使っている、キャリーバッグやクレートを準備。
    クレートは、ペットが安心して休める場所です。

    クレートに入る習慣がないワンちゃんは
    この機会に、クレートトレーニングをしておくと
    いいですね。


  • 首輪とリード・・・(できれば複数)

    災害時はパニックになり、いつもおとなしい子でも
    迷子になってしまうことも多いそう。

    首輪に迷子札を付けたり、マイクロチップを
    体に埋め込んでおくことも、大切です。


  • タオル・バスタオル

    タオルやバスタオルは、ペットの体をふいたり
    寒いときは防寒につかったりと、万能です。

    クレートの中にいれて使うことも。
    ぜひ、準備しておきましょう。

  • その他

    ガムテープ・古新聞・ごみ袋・トイレットペーパー・サランラップ。

    さらに、飼い主の匂いのついた古着など
    があると、安心できます。

  • 飼育メモ

    鑑札番号の控え・ワクチンの接種歴・病歴・去勢避妊手術の有無
    さらに、かかりつけの獣医さんの名前と連絡先など。

    ご飯の好みや健康状態・毎日の運動量やその子の性格
    飼い主さんの自宅の情報と連絡先、
    自宅以外の連絡先(親類や友人・勤務先・携帯番号)も。

    また、飼い主さんと一緒に写っている写真があるといいですね。


飼育メモとして、こちらで公開していただいている

にくきゅう手帳も、いいですね!

にくきゅう手帳

また、小さな手帳にペットの飼育歴や飼い主さんの
情報と、ペットと一緒の写真などを貼って
オリジナルの飼育手帳を作っておくといいですね!


そして、ビニールポーチなどにいれて
濡れても大丈夫なように準備しましょう。


まとめ


ペットのための災害時の備えについてご紹介してきました。


特に、我が家の場合は4頭(人)という多頭飼いなので、ご飯(フード)も水も、ペットシーツも4倍の量が必要なんです。

ワンちゃんたちは災害でなくても、いつも食べているフードを変えるときは時間をかけないと、おなかを壊します。

災害時は、数日するとペットフードが配給されるといいますが、おなかを壊してしまうことも考えられますね。


ペットの場合はそれが原因で、命を縮めてしまうかもしれないんです。
家にいるペットのことは、飼い主さんが一番よくご存じです。


ぜひ、体調をくずさないで避難生活が送れるように準備をされて下さいね。

そして、何よりも大きな災害がないことを祈りたい気持ちで、いっぱいです。


最後までお読みいただき、ありがとうございましたm<(_ _*)>m



スポンサーリンク





ABOUT ME
ゆいか
管理人のゆいかです。便利なこと、楽しいこと、美容・健康によいことなどを知ることで、明るく元気に生活できるといいですね。そんな情報をお伝えしていければと思っています。