レンコンで免疫力をアップ!インフルエンザや花粉症、脂肪肝も予防!

インフルエンザや花粉症・脂肪肝の予防にもレンコン?!
今が旬のレンコンの驚きの効能のご紹介です!


出典:はなまるマーケット

レンコンは、はなまるマーケットやあさイチでも特集されている冬場に注目の食材です。

免疫力アップや花粉症、脂肪肝の予防にも効果があるというレンコンの成分など、詳しく調べてみました!

レンコンの栄養成分は

レンコンの主な栄養成分です。

■ム  チ  ン
レンコンを切るとでてくる糸のようなネバネバ成分。

ムチンは、里いもやオクラ、長いもなどにも含まれている成分です。
鼻や、のどや気管支の粘膜の保護や強化にはたらいてくれます。

■ポリフェノール

食物のほとんどに含まれており、4000種類もあるといわれています。

ポリフェノールが豊富な食材といえば、赤ワインや緑茶が有名ですね。

レンコンには、緑茶に匹敵する量のポリフェノールが含まれており抗アレルギー性があるといわれています。

■ビ タ ミ ン C

ビタミンEやビタミンAと同じく、抗酸化物質で
体内での活性酸素の発生を抑制します。
          
また、ビタミンCは体内でのコラーゲンの生成に深く関与しており、
体内の細胞壁の結合組織をしっかりとさせるなど、健康に大きく関係している成分です。

レモンやオレンジグレープフルーツなどの果物や、野菜全般に多く含まれています。

ビタミンCは水溶性のため、加熱することで、壊れやすいビタミン。
ですが、レンコンやサツマイモじゃがいもに含まれるビタミンCは炭水化物を多く含むため、加熱しても壊れにくくなっています。

■食 物 繊 維

免疫力アップするために腸内環境を整えることは欠かせないですね。

腸内環境を整えるために、食物繊維は重要な成分。
アレルギーにも、腸内環境は深く関係しているといわれています。


■レンコンには、その他にもカリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネウム
などのミネラルと、ビタミンB1,B2、葉酸なども含まれています。


レンコンポリフェノールで脂肪肝を改善


レンコン産地の佐賀県では、レンコンのポリフェノールで”脂肪肝”が改善したという最新の研究結果が発表されています。


脂肪肝のマウスに、レンコンポリフェノールの粉末を3週間与えた結果、肝臓の脂肪濃度が60%低下しました。


まだ動物実験の段階ですが、人でも内臓脂肪の蓄積を抑制することができるといわれています。

脂肪肝は生活習慣の変化やなどにより、男女ともに増加の傾向にあるといいます。

レンコンに、脂肪肝の改善効果が望めることは嬉しいですね!

毎日食べたい量は?


免疫力アップや、花粉症などのアレルギー症状の予防のためには、毎日30gのレンコンを食べると良いそうです。

30gというと、レンコンの大きさにもよりますが、2~3㎝の厚さくらいで、大丈夫です。


できれば皮ごと摂ったほうが、ポリフェノールをしっかり摂ることができますね。

レンコンの簡単レシピはこちらをご覧ください!
免疫力をアップする!レンコン人気レシピを簡単に!

スポンサーリンク




関連記事はこちらです

目の下のお悩みに

SweepWhite

アーカイブ