テレビの話題

痩せすぎると危険な女性のダイエット!肌荒れ・薄毛・冷え性にも!

痩せたいにご用心、痩せすぎると危険な女性のダイエット。

痩せたい願望やスリム志向が増えていますね。
ですが、極度に低カロリーの食生活で痩せるととっても危険だということをご存知ですか?

日本では、なんと女性の8人に1人が痩せすぎという結果が!!

美と健康を手に入れるためにダイエットをしたはずが、逆効果になっているかもしれないのです。
逆効果になってしまっているかもしれないのです!


スポンサーリンク



今回は、以前にあさイチで取り上げられた『 痩せたい!にご用心 』女性の健康や美容への悪影響を元にご紹介したいと思います。

まず痩せすぎると、なぜ健康に悪い影響があるのかからみていきましょう。

なぜ、痩せすぎは健康に悪いの?

痩せすぎると病気になることも! 痩せたい!と考えたときやはり一番にカロリーを抑えようと思われるのでは?

食事の量を極端に減らしたり、ある一定のものだけを食べるなどしていませんか?

偏ったダイエットをしていると、栄養が足りなくなるので筋肉や体脂肪が減ってしまうことに!

体脂肪率が下がることは女性ホルモンの分泌低下につながり、生理不順が起きてしまうことに!


さらに体脂肪率が17%以下になると、無月経になることも多いのです。

check-t19また、こんな影響がでてしまうことに。


  • 疲れやすくなる
  • 冷え性や生理不順・無月経
  • 骨粗しょう症
  • しわ・たるみ・肌荒れ・薄毛
  • 免疫力が低下し病気にかかりやすく
  • 更年期症状が早まる
  • 要介護リスクが増す
  • 子どもの健康や肥満など次の世代まで影響

さらに、詳しくみていきますね。




冷え性や生理不順・無月経

生野菜サラダです。

極度に低カロリーの食事を続けていくと体全体の栄養が不足します。


すると体力を維持するために、健康を維持するために、蓄積された体脂肪を使うので、体脂肪が減ってしまうことに!


体脂肪が減ると、女性ホルモンの分泌が低下。(;¨)その結果、生理不順が起きてしまいます。

さらに体脂肪が17%以下になると、月経そのものが来なくなるという無月経になることも!


骨粗しょう症

honeso-1

女性ホルモンは、骨の新陳代謝にも重要で骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きをしています。


体脂肪が減ることで、女性ホルモンが低下すると骨を形成するのが追いつきません。

なので、今症状がなくても将来的に、骨粗しょう症を発症する確立が高くなることに!

骨粗しょう症は閉経すると増える病気ですが。

極度に低カロリーの食事をすることでその状況を、自ら作り出してしまうのです。


しわ・たるみ・肌荒れ・薄毛

女性ホルモンには、たくさんの働きがあります。

その中の一つには、血管広げて血流をよくして、体の隅々まで栄養を届けるという働きも(。_。)

さらに、コラーゲンの生成を助ける働きもあるので、女性ホルモンが不足すると、しわやたるみになり、お肌も荒れることに!

また、頭皮のコラーゲンも失われるので血流が悪くなり、薄毛など髪の毛の悩みの元に。

キレイになりたいと思って実践したはずが全然、望んでいない方向になってしまうのです。


免疫力が低下し病気にかかりやすい

免疫力が低下します。

極度に低カロリーで栄養不足の食事を続けていると、腸内環境も悪化。

その結果、免疫力が低下することで、がんをはじめ、様々な病気にかかりやすくなってしまいます。。


更年期症状が早まる

更年期障害は、閉経の前後5年くらいに起こりやすいとされています。

それは、女性ホルモンの分泌が段々と低下し、閉経するからですね。

そして、閉経年齢はだいたい50歳前後とされていますがそれよりも若い年齢でも、更年期症状が出ることがあるのです。

その原因は極度に低カロリーや低栄養の食事で、女性ホルモンが低下するから。

極端な食事制限は、避けたいものですね。

要介護リスクが増す

介護リスクが高まります。

女性ホルモンの分泌が低下すると骨粗しょう症になりやすいですね。

番組でも「痩せすぎの弊害」として紹介されています。
標準的な体系と痩せ型では、介護リスクが増し介護費用もおよそ2倍になるそうです。

今の痩せの現状を放置していると、転倒や骨折から寝たきりになるリスクが多くなるのです。

子どもの健康や肥満など次の世代まで影響

次世代にも影響します。
出典:あさイチ

妊娠した母体が低カロリー・低栄養で痩せたままでは、生まれてくる次の世代にまで影響してしまうのです。

妊娠前に痩せていた女性の赤ちゃんは、標準体重の女性の赤ちゃんより、体重が軽いことがわかってきたそうです。

母親の妊娠する前の痩せが、赤ちゃんの体重に影響していたのです。

さらに、2500グラム以下で生まれた赤ちゃんには将来的に、心筋梗塞・糖尿病・脂質異常症・メタボリック症候群神経発達異常などの病気にかかりやすいことが、わかってきるそうです。


まとめ

極度に低カロリーや低栄養の食事を続けていくと、美容にも健康にも悪影響がでることをご紹介しました。

この状態を解決するには、食事内容を見直し、改善していくことが大切です。

食事内容についてはこちらをご覧くださいね♪

食べて痩せる!美と健康を無理なくGETする方法とは?



お読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク





ABOUT ME
ゆいか
管理人のゆいかです。便利なこと、楽しいこと、美容・健康によいことなどを知ることで、明るく元気に生活できるといいですね。そんな情報をお伝えしていければと思っています。