サタデープラス!低体温を改善する蒸しょうがの効果とは?

低体温は万病の元!
体温が1℃下がると免疫力は、なんと30%も下がることに!

そんな低体温で冷え性という、お悩みの方も多いのでは?
そういう管理人の主人も、35℃台と低めなんです。

3月5日のサタデープラスでは、今日から始める『体温1℃アップ生活』とのことで簡単にできて、効果抜群の蒸しょうがが紹介されました!


スポンサーリンク



しょうがは蒸すことで、体温アップ効果が10倍にもアップ!

まず蒸しょうがの作り方から、ご紹介します♪

蒸しょうがの作り方

蒸しょうがの作り方を教えてくださるのは

イシハラクリニック副院長の石原新菜(にいな)先生です。

親子2代にわたり「冷え」を研究されていて、冷えが体に及ぼす影響を研究されている低体温のエキスパート!

そんな先生が体温アップ効果に効果絶大と太鼓判を押す調味料こそ、蒸しょうがなんです。

今回は、蒸し器を使わず簡単にできるレシピのご紹介です。


材料です。


材料は生しょうがのみです。

石原新菜(にいな)先生によれば
新しょうがよりも、ひねショガのほうがいいそうです。


作り方です。

  1. しょうがを皮付きのまま、薄切りにします。
    乾燥しやすいように、できるだけ薄く切るのが
    ポイント!

    生しょうがを薄く切ります。

  2. オーブンのトレーに重ならないように
    並べます。

    天板に重ならないように並べます。

  3. オーブンで加熱します。
    加熱温度は100℃で、約1時間加熱します。

    蒸し器で蒸して作る方法もありますが、
    オーブンで作ると、加熱と乾燥が一度に
    できるので、お手軽です。

    レンジで加熱します。

    カリカリの状態になり、しょうがの成分が凝縮しています。
    こんな状態になります。
    電子レンジでの加熱は、発火のおそれがあるため
    絶対にしないでください。
    電子レンジのオーブン機能での加熱はOKです。


  4. ミキサーやすり鉢などで粉末状にします。

    粉末状にすることで料理に使いやすいですね。
    蒸しょうがの出来上がりです。
    蒸しょうがです。
出典:サタデープラス

番組では、低体温でいつも手先が冷たいという小島瑠璃子さんや
低体温で冷えにお悩みの30代から50代の女性の方3人も、10日間の蒸しょうが生活にチャレンジ!



10日間蒸しょうが生活で激変!!

22歳ながら血管年齢が41歳

さらに、疲労度は正常値の4倍以上と、お疲れ気味のこじるりこと小島瑠璃子さん。

蒸しょうがチャレンジ前の体温は35.9℃。
2ヶ月に一度は風邪を引くといいます。

詳しく調べると、免疫力も低下しているとのこと。

免疫力をあらわすNK細胞の数は、正常値:290/ulのところ248/ulという結果に!

先生によれば体温が下がると、体としては熱を逃がしたくないので血管がぎゅっと縮まるそう。
そのため血行が悪くなるのです。

血行不良になると、様々な臓器の不調を招いてしまうことに。

腸内環境も体温が下がるとバランスが崩れ、その結果免疫力が低下するといいます。


そんなこじるりさんですが、10日間蒸しょうが生活チャレンジの結果は?

小島瑠璃子さん蒸しょうが生活結果

蒸しょうが生活10日間の結果はこちら!

小島瑠璃子さんの結果です。
出典:サタデープラス

check-t02平均体温:35.9℃⇒36.5℃にアップ
check-t02NK細胞数:248⇒290にアップ


実践方法はとっても簡単!

粉末なので、携帯容器に入れて持ち歩き楽屋のお弁当や、休憩時間に飲むお茶やジュースにいれるなど。

それ以外にも、コーンスープなど甘い味にもとってもよく合うのだとか!

その他しょうが焼きに、蒸しょうがをちょいたし、白いご飯にのせても、サラダのドレッシングに入れたりと、どんな料理にもちょいたしして、使うことが7できます。


適量は、一日小さじ1杯
この量でも体温は上げると先生は言われています。

そして、冷えや低体温にお悩みの3人の女性の方も劇的な変化が!

冷えや低体温にお悩みの女性3人の結果


冷えや低体温でお悩みの女性3人にも

劇的な変化がありました!


3人の女性の結果です。出典:サタデープラス

  • 30代 林 さん:35.9℃ ⇒36.4℃(+0.5℃)
  • 40代 川世さん:35.8℃ ⇒36.4℃(+0.6℃)
  • 50代 上原さん:35.4℃ ⇒36.2℃(+0.8℃)


まとめ

10日間蒸しょうが生活の結果は、すばらしいものでしたね!

しょうがは加熱することでジンゲロールという成分がショウガオールに変化し、あたため効果は、10倍もアップ。

生の状態でも強い殺菌作用や、発汗作用などがあり、風邪のときの解熱などに効果的です。


生と加熱とどちらも食べると効果抜群ですね!

今回は10日間の実践でしたが、蒸しょうがをしっかり摂れば、1~2ヶ月で体温を1℃上げることも可能とのことでした。


実践あるのみですね!



スポンサーリンク






関連記事はこちらです

目の下のお悩みに

SweepWhite

アーカイブ