マラセチア毛包炎の症状は?その原因やニキビとの違い 治療方法は?

マラセチア毛包炎という皮膚の炎症をご存知ですか?

私は、最近知りました。
ニキビと間違えられやすいという
この疾患について、詳しく調べてみました。



スポンサーリンク



マラセチア毛包炎の症状

マラセチアとは、私たちの周りにある常在菌で、どこにでもいるカビの1種です。

マラセチア毛包炎とは、マラセチア菌(癜風菌でんぷうきん)の異常繁殖によって、引き起こされる毛穴の炎症です。

ニキビと思い治療してたら、マラセチア毛包炎だったということもあるのです。

ニキビの原因はアクネ菌という細菌ですが、マラセチア毛包炎の原因となる菌は、マラセチアという真菌なんです。

皮膚の炎症に関係しているマラセチア菌

  • マラセチア・ファーファー
  • マラセチア・グロボーサ
  • マラセチア・レストリクタ
  • マラセチア・シンポディアリス
  • マラセチア・ダーマティス

ではどんな症状がでるのでしょう。





マラセチア毛包炎の主な症状



マラセチア毛包炎の症状は、やや光沢のある赤いブツブツが毛穴に表れます。

この状態はニキビとよく似ていますが、にきびよりも小さく固まらずに分布するようです。

かゆみは比較的軽いものが多いようですが、中には、強いかゆみを訴える例もあります。

汗をかいたときなどは、猛烈にかゆいという人も!

さらに、小さなブツブツにはうみがたまることもあります。

この症状からも一番にニキビを疑ってしまいそうですね。


ですが、ニキビとの違いは、押してもつぶせない!中身がでないという特徴があります。

発生しやすい場所は、背中、胸、肩から二の腕、首、こめかみ、額など比較的脂っぽい部分に発症します。

これは、マラセチア菌が皮膚の脂分を好むことが原因。


発症のメカニズムは2通りあり、1つは異常繁殖したマラセチアを異物と
判断して免疫反応を起こした結果の炎症、もう1つはマラセチアが皮脂を
分解したときの代謝物が炎症を起こしている場合があります。


発症しやすい時期は、高温多湿で汗をかきやすい時期、ちょうど梅雨ごろから、夏にかけての時期ですね。

カビは、梅雨時期などのじめじめした環境で、増殖してしまいますね。

女性の場合は、メイクを落とさないで休むことなども、NG行為の一つ。
皮膚の上に、メイクという脂肪分を残すことになり、カビにとっては絶好の繁殖環境になってしまうのです。


「ニキビかな、でもちょっと違うかもしれないな」と思ったら、まず皮膚科にいってみることをオススメします。



治療方法


治りにくい皮膚の炎症かもしれないと思ったら、皮膚科を受診されてください。


マラセチア毛包炎かどうかの診断は、うみを検査でマラセチア菌が発見できるかどうかで診断できます。

そして抗真菌薬の塗り薬をぬることで1~2ヶ月で改善されるとのこと。

治りにくい場合は、内服薬もあります。
注意しなければいけないことは、一度治っていても清潔に保たれていなかった場合には、再発することです。


何よりも清潔に保つことが大切ですね。

まとめ

カビは、水分と湿度と養分があれば増殖してしまいます。

それにしても皮膚の上にカビが住み着くとは、予想もしていなかったので、驚きました。

なるべく、清潔に保つことを習慣にし、マラセチア毛包炎などの皮膚の炎症を防ぎたいですね。


スポンサーリンク






関連記事はこちらです

目の下のお悩みに

SweepWhite

アーカイブ