肺気腫(COPD)とはどんな病気?家族だからわかる症状とは?


肺気腫という病気をご存知ですか?
テレビCMなどで、COPDといわれている疾患です。

最近特に増加しており男性の死亡原因第3位
いわれています。

Sponsored links



厚生労働省の統計(2008年)では、治療を受けている患者数は22万人
さらに、推定される患者数は500万人以上といわれている病気なんです。
厚生労働省の資料が開きます。

実は、管理人の家族もこの病気にかかっているのです。
原因の9割が喫煙といわれるこの病気について
詳細にリサーチ!

家族だからこそわかることもお伝えしたいと思います!

家族だからわかる症状とは?


実は肺気腫であることを
最初に疑ったのは私だったのです。

今から3年ほど前のことです。

高血圧で何年も通院していて、
レントゲンやら血液検査やら血圧測定やらと
2ヶ月に一度検査してもらっていました。


おかしいと思った症状は、
息をする音でした!


以前に肺がんでなくなった方が近所にいたのですが、
その方も、同じように息をする音が肺から
聞こえてきたのです。


その時”肺が悪いと息をする音が聞こえるのだな~”
と感じてたんです。


私の家族も”肺が悪いのかも?
”長年タバコもすってるし”と気づき
病院で検査をしてもらったのです。


それで、肺気腫ということがわかりましたが、
何年も通院していても、自己申告しないと調べて
もらえないという事実にちょっとショックでした。


その他で気がついた症状は、普通にあるいても
すぐに息が上がることや、胸で息をしていることです。


が多いのはもちろんのことですが。

Sponsored links


肺気腫の一般的な症状について

肺気腫は、慢性閉塞性肺疾患COPDの一つです。

(Chronic:慢性・Obstructive:閉塞性・Pulmonary:肺・Disease:疾患)
の頭文字から、COPDといわれているのですね。



肺気腫は、喫煙有害な粉塵を吸い続けるとおきる
気管支の慢性の炎症と、肺の肺胞の破壊による病気です。

肺胞というのは、両方の肺の中にある小さな部屋ですね。
肺には肺胞が約3億個もあるそうです!


肺気腫になると、正常だった肺胞の壁が崩れて破れ
同じように崩れた肺胞同士がくっついて、大きくなります。


のう胞というそうですが、
そのような状態になっていくので、肺自体が少し大きくなり
横隔膜を押し下げてしまうのですね。


気管支の内側も、炎症がおきているので内側が狭くなり
呼吸がしにくくなります。


息をする音というのは、狭くなった気管支の間を
空気が通過する音だったのですね。
「ヒュー」という息の音がでるのも肺気腫の特徴です。


そして、肺気腫では、息を吸っても空気が肺から出て行きにくく
なります。


さらに症状が進むと、大きくなった肺が心臓を圧迫したり
胸郭(むね)が前後に張り出すなどの症状がでるようです。


肺気腫の症状


  • 運動時に息切れがする。

    動くと息切れしますが、休むとおさまります。
        
     
  • 風邪でもないのに咳や痰が続く。

    咳が増える場合は、肺気腫に感染症を伴う場合や
    肺性心(はいせいしん)になったときなど
    急に悪化する場合に起こる場合が多いです。

    痰が増える場合も急に悪くなった場合が多いです。
       
     
  • 呼吸のたびにヒューヒューという音がする。

    気管支が狭くなるため、空気が通り抜ける
    ときに特徴的な音がします。

    そのため、気管支を広げる治療が必要です。
       
     
  • 体重が減少する。

    体力が落ちてくるため、痩せてくることが多いです。

     
  • 酸素が取り込みにくくなる。

    在宅酸素療法が必要になります。

肺気腫がわかったのが3年前で、完全に禁煙できたのが
その1年後でした。

肺気腫の一番の治療法は”禁煙”です。

といっても、タバコは中々やめられません。
うちの家族も、病気とわかっても私に隠れて
数を減らして吸っていたようです。


決定的な瞬間をみつけたとき、タバコ
どんなに体に悪いのかを、こんこんと説明すると
なんとかやめてくれたのです(-。-;)


そして禁煙して、何ヶ月か過ぎたころに近所の人と
話しているのが聞こえたのですが
「タバコをやめたら、胸が楽になった~」
言っていました(*^-^)


やっぱりと同時にほっとしました(*^-^)


なので、私は親しい人でタバコを吸っている人には
ついつい禁煙をすすめてしまいます。


それは肺気腫のような難病にかかってほしくない
と心から切実に思うからです。




肺気腫のケアについてのまとめ

肺気腫は、かかってしまうと改善できない病気です。

家族がこの病気にかかっているとわかったときは
ショックでした。

親戚にもこの病気で亡くなった方もいて
病気のだいたいのことを、知っていたばかりに
余計にショックだったのですo( _ _ )o

それでもできるだけのことはしなくてはと
思い直しています。

私が心がけているケアについてまとめてみました。



肺気腫のケアで心がけていること

  1. 食事
    肺炎にかからないために、野菜類やたんぱく質を毎食摂れるように
    食事を作っています。

     
  2. 間食
    食事の吸収も悪くなるので、午前と午後の中間には、
    かんきつ類を中心に、季節の果物を出しています。

    かんきつ類には、ビタミンCも豊富なので、免疫力UP
    にいいと思います。

     
  3. 観察
    高齢者は体の動きにその日の体調が現れるので
    注意深く、見守り話して体調の変化を
    見逃さないように心がけています。

     
  4. 訪問看護
    週に1度訪問看護にきていただいているので
    専門的にみていただけるので助かっています。
  

肺気腫の原因の90%喫煙といわれています。

主人はタバコをすわないのですが、
タバコの場合は、受動喫煙副流煙(ふくりゅうえん)も
大きな問題ですね。


そう考えると、いつ誰がなってもおかしくない病気なのでは
と思います。


いろいろと考えてしまうと暗くなってしまいますが
今できることをしっかりとやっていこうと
おもっていますヽ (´ー`)


最後までお読みいただきありがとうございました。

お役に立ちましたら、嬉しいです。

Sponsored links


関連記事はこちらです

Sponsored links


SweepWhite

アーカイブ