風水・占い

きれいな部屋をキープするコツ満載!3つのポイントでできる考えない片付けとは?

きれいな部屋をキープするコツは?

『 考えない片付け 』きれいなお部屋を、簡単にキープできる?

それって、どんな片付け方法なのか気になりませんか?

お部屋は、いつもきれいにしておきたいと思うもの( ,_, )
さらにお部屋がきれいに片付いている人は
自己管理ができる人なので、ほかにもこんなに良いことが!!
それは・・・


スポンサーリンク




サンキュ編集部 副編集長の飯塚さんによれば

お部屋がきれいに片付くと、3つの良いことがあると言います。


  • ①お金が貯まる!
    ・家が好き⇒外でお金を使わない
    ・ムダ使いしなくなる
  • ②痩せる
    ・動きやすい部屋
    ・片付けられる⇒自己管理ができる
  • ③夫婦仲が良くなる
    ・片付け⇒家族を観察し思いやる
    ・家の中が居心地よい

風水でも良いとされるのはその空間がスッキリ片付いていることですね(^^)

ぜひ、考えない片付けを身に着けてスッキリきれいな状態をキープしたいもの。

今回は、ビビットフォーカスで紹介された内容をもとに、ご紹介します!

『考えない片付け』とは?

サンキュ7月号で特集されているという『考えない片付け』とはどのようなものでしょうか?

番組では、この方法を実践されているという神奈川県のあるお宅へ、サンキュ副編集長の飯塚さんとお伺いします。

実践されている主婦は、夏野まゆこさん(37歳)夫と長男2歳との3人暮らし。


お住まいは、中古で購入し、リノベーションされたという3LDKの分譲マンションです。

まず、すっきりした玄関には
靴が1足づつしか、ありません。


夏野さんは、元々そんなに広くないので
物を置かないようにしているそう。


そして、すっきりと片付いたお部屋がこちら♪

リビングとキッチンです。
出典:ビビット

スッキリしていて、清潔感あふれるキッチンです!


片付いたリビング・キッチンです。
出典:ビビット


リビングも、きれいに片付いていて

スッキリしていますね!


寝室です。
出典:ビビット

寝室も、まるでモデルルームのようです!


子供部屋です。
出典:ビビット


子供部屋もとってもきれいですね!

では、夏野さんはどうやって、このきれいなお部屋をキープされているのでしょうか?

実は『考えない片付け』とは、事前に生活のルールをきめておくというもの。
あれこれ考えずに自然に家をきれいに保てる方法なのです!


ポイントです。『考えない片付け』の3つのポイント♪


  • 『考えない片付け』その①

    掃除する時間を決める

  • 『考えない片付け』その②

    物を置く場所を固定する

  • 『考えない片付け』その③

    持ち物の量を決める


では、順にみていきましょう。


『考えない片付け』その①掃除する時間を決める

夏野さんはお掃除って決めてやるのは、だいたい5分くらいといいます!

ポイントです。サンキュ飯塚さん

時間を決めてやるのは、大きなポイント。

だいたい片付いている方は、一日のうちで掃除する時間とか、タイミングを必ず決めています。


夏野さんの場合、朝起きてすぐにやるのはキッチンやリビングの床掃除。

そして、このように汚れたらすぐにきれいにできるように、リビングテレビ台の引き出しに1回分で使いきれる大きさの布や、スプレーを準備。


おそうじを習慣化しているということ。
毎日、歯磨きをするように習慣にしてしまうと考えなくても片付けができますものね。

汚れたらすぐに掃除します。
出典:ビビット


また、子供部屋ではおもちゃを1箇所にまとめたり、広い場所で遊ぶものは、ポンっと籠にいれて、整理しています。

子供部屋です。
出典:ビビット





『考えない片付け』その②物を置く場所を固定する

物をおく場所が常に決まっているという夏野さん。

物をおく場所をきめます。
出典:ビビット


リビングに、つい置いてしまいがちなカバンなども決まった場所に置くことで、どこに置くかを考えずに済むといいます。

帰ってきたら、まずクローゼットに入ってカバンを置いて、コートがあるときは掛けてアクセサリーも全部はずして、置きます。

それから、中に入るのでリビングにカバンを置くことがないのです。

また、なくなりやすい雑貨は、ウォールポケットを活用。
はさみや、爪切りなどを1か所にまとめて取り出したり、しまいやすくしています。

『考えない片付け』は物を戻す場所をきめておくことで迷わずに片付けることができるんです!

『考えない片付け』その③持ち物の量を決める

ポイントです。

『考えない片付け』を実践するには事前に物の量を決めておくことがポイント!

夏野さんは、ワンシーズンで着る洋服の数を決めているそう。

今のシーズンだと、トップスで10枚くらいといいます。

飯塚さんによれば、今は、おしゃれな人ほど服が少ないという現象が起きているといいます。

つまり、なんかイマイチだなという服を10パターン持っているよりは、本当に好きな服を3パターンで良いという人が増えているのです!

夏野さんも、きっと厳選されたお洋服にされているんだと思います。

ストックする量を決めます。
出典:ビビット

そのこだわりは、キッチンにも!

食品のストック量をきめているのでそれ以上物が増えることもなく、無駄な出費を抑えることができるのです。

『考えない片付け』は、普段使う持ち物の量を決めていて増やさないのです。




『考えない片付け』上級編


食器をインテリアにします。
出典:ビビット

夏野さんは、あえて普段使う食器は、いちいちしまわなくても良いように、出したままに( ,_, )

みなさん、出しておいたほうが便利なものはインテリアとして、ビジュアルにこだわって選んでいる方が多いそう。

あえてしまわず、毎日使う食器をインテリアにしているということなんですね。

まとめ

松江さん宅のキッチンです。
出典:ビビット

番組では、最近ミニマリズムにはまっているという弁護士の松江さんのご自宅も紹介されました。

松江さんは、片付けが下手なので物を失くしたことがあるといわれます。

そして、実は物欲のある人のほうがミニマリズムにはまるとのこと!

ミニマリズムも『考えない片付け』も通じるものがありますね^^

『考えない片付け』とは、事前によく考えて
ルールを決めておいて、それを習慣化することなんですね。


まず、家の中の物を減らしてから、実践するといいですね!


スポンサーリンク





ABOUT ME
ゆいか
管理人のゆいかです。便利なこと、楽しいこと、美容・健康によいことなどを知ることで、明るく元気に生活できるといいですね。そんな情報をお伝えしていければと思っています。