法要とは?真言宗で初盆を迎える時にはこうする!

今年は初盆を迎えるのだけれど
どのようにすればいいのだろう
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク




大切な身内を相次いで亡くした経験のある管理人が

体験を交えてご紹介していきたいと思います!

まず、初盆を迎えるとは
どういうことを言うのでしょう?


初盆を迎えるとは?


2

初盆とは亡くなられて49日の法要が終わってから

初めて迎えるお盆のことを、初盆または新盆(にいぼん)
といいます。


お盆には故人の霊が家に帰ってこられるといいますね。


初盆は故人になった霊が
初めて家に帰ってくるお盆となるので
特に丁寧に手厚く、ご供養をするのです。


お盆の時期は、最近はほとんどのところでは
8月13日から8月16日の新暦で行われていますが
ところによっては旧暦の7月15日ごろに
行われているところもあるようです。


初盆を迎えるのは
新暦のお盆の場合では、6月20日前後にお亡くなりになられた方
旧暦のお盆の場合では、5月20日前後にお亡くなりになられた方
ということになりますね。


お盆までに49日法要が終わっていない方は
次の年のお盆が初盆となります。


初盆の法要はどのようにすればいい?


法要については、お家の宗教の宗派によっても

お住まいの地域によっても、違うと思います。


初盆を迎えられる場合で、詳しい方がいらっしゃらないときは
お寺のほうに尋ねられると、
詳しく教えていただけると思います。


地域での風習もありそれぞれに違いますね。


管理人の住んでいるところでは、初盆だけでなく 
2年盆、3年盆と3年間お盆にお坊さんを迎え法要を行います。
宗教は真言宗です。


そして、日程はお盆の8月14日と決まっています。

Sponsored links



法要の手順は?


法要の準備や手順です。

家のほうではこのような手順ですが、地域で違うところも
あると思いますので、ご参考までにお願いします。

私の住んでいるところでは次のように行いました。

8月13日までに済ませる事

お墓のお掃除とシキビをたてる

お墓のお掃除は13日までに済ませておきます。

初盆ではなくても毎年お盆には、お墓掃除と
シキビを新しいものに立て替えます。


8月13日午前中


お仏壇をお掃除しお供えものをする

丁寧にお掃除し、野菜や果物やお盆用のお菓子を

お供えします。


8月13日夕方


盆提灯を飾る

初盆を迎える場合は、8月13日から8月16日まで盆提灯を飾ります。

故人の霊が迷わないで帰ってくるための目印という意味や

迎え火や送り火の意味もあるようです。

うちでは、軒先につるします。
3年盆までご供養するので、白地ではなく模様のはいった
提灯です。


8月14日初盆の当日


住職さんによるご供養

住職さんの読経でご供養させていただきます。

読経が終わると住職さん、親戚や家族も一緒にお墓参りにいきます。

 
お墓でもお経を上げてくださいます。
家にかえり、皆さんに食事をしていただきます。




法要当日は?


法要の当日ですが、

初盆は法事のように「何時から始めます」とは
決まっていません。


ですが、早い人では朝9時前においで下さることもあるので
早めに準備しておきます。
親戚の方はみなさん順次来てくださいます。


お坊さんがおいでになると読経がはじまり、
読経をしていただいた後に、皆さん一緒にお墓参りにいきます。
お墓でもお経を上げていただきます。


お墓参りが終わってから、食事をしていただきます。


初盆は法事のように、人数が決まっていないので
お膳料理は用意ができません。


家のほうでは、寿司やさわち料理・冷やしそうめんを
少し多めに準備しておきます。
お酒類も用意していて、運転されていない方だけ
お出しするようにしています。


お坊さんはお盆時期は繁忙期なので、
お経をあげると帰られますが、
みなさん故人のことなどお話されて、夕方まで
ゆっくりとしてくださいます。



お布施やお返しは?


お布施は家によって多少は違うと思いますが

だいたい1~2万円だと思います。


うちの場合も1万円だったと思います。


初盆にきていただいた方へのお返しというのは
こちらの慣習ではありません。

おわりに


初盆は故人にとっては特別なお盆になるので

特に心をつくしてお迎えたいものですね。


葬儀も関東や関西で大きく違うように
初盆の方法もだいぶ違うのではと思います。


ご参考になると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. omi1
  2. torii-3
  3. yukartt-1
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*

Comments links could be nofollow free.

人気記事ランキングBEST10!

検索

アーカイブ