家族で引越し!安く見積もりするちょっとしたコツとは?

最近、テレビなどでも引越しのコマーシャル
が多く流れていますね。


引越しはそんなに頻繁にはしないもの・・・
どこの業者さんがいいのだろうと迷っている方も多いのでは?

スポンサードリンク




今日は家族で引越した体験から、

良い業者さんを選びとその結果安く見積もりできたという
ちょっとしたコツをご紹介しようと思います!

引越し業者さん選びスタート


まず一番に電話帳で引越し業者さんを調べました。

ん・・?ネットじゃないの?

そう思われますよね~


インターネットで調べると、一括見積もりできるところなど

たくさん出てきますが・・・


実は私のところは田舎町なので、
大手の会社の支店が無いこともあるからです。
とりあえず、よく目にする大手業者さんをみつけ
お電話しました。


そして、3社に訪問見積もりをお願いしました。

訪問見積もりでの対応


3社さんに訪問見積もりをお願いし
それぞれ、営業担当さんがお見えになりました。


うちの引越しは、車で15分ほどの距離です。

なので、自分たちで運べるものは運びます。
自分たちで運べないものは、お仏壇、クローゼット
洗濯機、冷蔵庫という内容。

業者さんA


お仏壇は紫檀の無垢(むく)なので、かなり重く

運び入れるのも大変だったと話して、
見て頂くと作業する人は「4人必要です」とのこと。


さらに2階にある大きなクローゼットはドアからは出せません。
これは、購入してから、部屋の中で組み立てたからなのですが。

すると
「クローゼットは窓からだすということで、クレーンのついた4トン車
が必要」といわれます。


その結果車でたった15分の場所に移動するだけなのに
こんなに!!
という予算を大幅にオーバーした見積もり金額に!(-“- )


「まだ、見積もりをお願いしているところがあるので・・」ということで
まずは、保留にさせていただきます。

Sponsored links



業者さんB



同じようにお仏壇やクローゼットを見て頂くと

作業する人数は5人でクレーンのついた車が必要。


営業さんは、会社に何度も電話して相談しています。
そして「他の業者からも見積もりをとっていますか?」
ということも聞かれました。


こちらも、相談し連絡するということで、保留にさせていただきます。




業者さんC


こちらは、以前に一度単身引越しをお願いしたところです。

同じように運ぶ家具や仏壇を見て頂き、説明すると・・・


作業する人は3人で大丈夫!
車は4トン車1台といわれます。


「重いですよ。大丈夫ですか?」とお聞きすると
「大丈夫ですよ^^」というお答えが返ってきました。


平日の午後に引越ししてもらうということで見積もり金額は
こちらが一番お安くなり、Cの業者さんにお願いしました。


うちの場合、業者さん選びのポイントは次の
ようなものだったんです。

check-t19引越しでの業者さん選びのポイント


  • 営業担当者さんの対応が的確でした。

    営業担当さんは、終始落ち着いた対応で、こちらの質問に対して
    的確で、安心のできるお答えがありました。

    確かな技術に基づく、お答えだったので安心のできる
    業者さんという印象を持ちました。



そしていよいよ引越しの当日がやってきます!




引越し当日は?

引越し当日も思っていた以上に、スムーズに運びました!

作業員さんは3人、車は4トン車1台です。


一番心配していたお仏壇も、3人で無事に運んでくれました。
もう一つ大変なのは、2回の窓サッシをはずし重さ80キロほどある
クローゼットを下ろすこと。


クレーンのついていない車なので、どうやって下ろすのだろう?
と興味深く見ていると・・・完璧な作業にただただ感心!


その手順ですが、まず窓の真下に車をつけ、
車の上に一人の作業員がのります。

クローゼットは柔らかい布で包み、持ちやすい位置に
ロープをかけます。


クローゼットを2人で上手く窓からだして、ベランダのふちにおき
ベランダを利用しながら、ロープを使ってゆっくりと車の上に
下ろしていきます。


上の作業員さんと下の作業員さんとの連携で、
すんなりと車に載せることができました!


引っ越した先でも、手際よく作業していただき無事に完了しました。

また、作業開始のときには、作業員3名の方のご紹介もあり、
安心してお願いすることができました。


それにしてもプロの運び方は違うな~なんて
感心しきりでした。

まとめ

単身での引越しは経験していましたが、
家族での引越しは初の体験でした。


荷物が思ったよりも多くて、引越し先での整理に、
手間取りましが、業者さん選びは正しかったと感じています。


もしも、ご参考になればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kao-2
  2. hgytttu-1
  3. senntaku-7
  4. hifufw
  5. net2
  6. yukartt-1
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*

Comments links could be nofollow free.

人気記事ランキングBEST10!

検索

アーカイブ