熱中症予防対策の盲点とは?熱中症になってしまったら注意することは!

梅雨明けからずっと猛暑日が続いていますね。

7月の熱中症患者の搬送数は、昨年の3倍以上にもなって
いるそうです!

熱中症には注意が必要ですね!

スポンサードリンク





熱中症の予防対策やその盲点、もしも熱中症になった場合

翌日からの生活での注意なども詳しく調べてみました。

熱中症とは




熱中症とは、高温の環境で、体温調節や循環機能

働きに障害が起こることの総称を言います。

熱中症は症状別に、次のように分類されます。


熱 疲 労

 

●原因と主な症状


体温は平熱。脱水によるもので、全身の倦怠感、めまい
吐き気、嘔吐、頭痛がおき、頻脈、顔面蒼白になります。

運動時ももちろんですが、高温多湿の室内でも起こります

 

風邪や、下痢などで体調が悪いときにも
なりやすいです。

 

●対処法

涼しいところで、足を高くし安静に寝かせて
脱水状態の改善のために、塩分を含むスポーツ飲料や、
経口補水液を補給します。

自力で飲めない場合は、医療機関で点滴を行います。


熱けいれん

 

●原因と主な症状


運動時や暑い環境で、大量に汗をかき 水ばかりを飲んだ場合
などに、血液の塩分(ナトリウム)濃度が減少してしまい
手足の筋肉がピクピクとけいれんを起こした状態です。
 

塩分を含まない水ばかりを飲むことは とても危険です。

それは 大量の汗と一緒に、水分と塩分が出て行くので
血液の量が減るため、脈をとると弱く早くなります。
顔色も悪くなります。

 


●対処法

涼しいところで、塩分を含む生理食塩水
(1Lの水に9gの食塩)を飲みます。

回復しない場合には、救急車を要請します。

なお、回復したあとも、容態が急変することもあるので
受診したほうが安心ですね。


熱 失 神

●原因と主な症状

炎天下の屋外にいると、体の温度が上がってくるので、
体は、体温を早く冷やそうと、皮膚側の血管が拡張し
血液を多くながし体の熱を発散しようとします。

そのため、内臓に流れる血液の量が著しく減ってしまい、
失神してしまいます。
 
体温は平熱よりも低いこともあります。
血圧が低下するので、脈は弱く早くなり
ショックを起こしたような状態になります。
 
●対処法

涼しい場所で安静にし、、経口補水液などを補給します。
ショック状態を起こしたり、症状が重い場合は、
医療機関を受診しましょう。
 
病院では、電解質を含んだ点滴で治療します

 

熱 射 病(重症)

 

●原因と主な症状

 
屋外や屋内にかかわらず、暑さで体温が上昇してしまい、
体温調節が不能になった状態です。

体温が40℃になると、心臓、肝臓、腎臓などに影響
が出始めます。

 

体温が42℃を超えると、命にかかわることもあります

大量の発汗によって、血液の量が減るため顔色が悪く
脈は弱くなります。
 
足がもつれる、ふらつく、転倒する、意識が朦朧とする
言語が不自然になるなどさまざまな症状が出ます。

 

 

●対処法


こんな症状の場合は、一刻も早く救急車を要請します。
そして、救急車が到着するまでの間も、とにかく体全体を冷やします。

 

アイスパックなどがあれば、頸部、脇の下、足の付け根などの
大きな血管の通っている場所を冷やすのも効果的。


 

体に水をかけたり、濡れタオルを当てたりして
とにかく迅速に体温を下げることができれば
救命率も上がります。

Sponsored links


熱中症予防対策の盲点

とにかく

”頑張り過ぎないでください”


大丈夫と思い、暑い日にもいつものように活動をしていると・・・・・


暑さによる疲労が蓄積し体力が落ちている
ことに気がつかないということも!

夏の暑さというのは、
思った以上に体力を消耗しているのです!


夏は、暑いからと遅くまで呑んでしまったり
熱帯夜でぐっすり眠れなかったりと・・・

次の日まで前日の疲れが残ったまま
お仕事や、活動をしてしまうという羽目になってしまいがちですね。

 
暑さの疲労が蓄積すると、ある日突然 熱中症に!
ということも、あるのです。

 
救命救急センターの医師によると
「徐々に体が衰弱してきていてそのことに気がつかないで
熱中症になった場合は、重症化することが多い」とのこと!


実際に日本で亡くなっている方の多くが
このタイプの熱中症なのだそうです。
 

また、二日酔いや、睡眠不足、風邪、下痢なども
熱中症を起こしやすくなります。
 

夜遅くまで呑んでしまったら、経口補水液を飲んで
休むと二日酔いになりにくいといいます。

 

とにかく頑張り過ぎないで、規則正しい生活習慣と
こまめな水分補給で、暑い夏を乗り切りましょう。
 


熱中症予防の生活習慣



■こまめに水分補給します

汗で失われる、成分を補うための水分補給なので
普通の水では、いけません。

普通の水を飲み続けると、血液の塩分濃度が下がり
熱中症になってしまいます。

 
水分補給には、塩分、ブドウ糖などの入った、スポーツドリンク
や、経口補水液 などが適しています。

塩分はブドウ糖と一緒に摂ることで、小腸からの
吸収が早くなるそうです。

 

そして、大切なのは、タイミングです。
のどが渇いたと感じる前に、こまめにのむ習慣
つけて下さい。

 

のどが渇いたと感じると、2%ほどの脱水になっているからです。

なお、ビールやアルコール類、緑茶、コーヒー、紅茶など
は利尿作用があり、水分補給には適していません。


■適度に休憩し、暑さを避けます
 
服装は、スポーツウエアなどに使われる
吸汗・速乾性のものや木綿や麻などの天然繊維で
涼しい服装を心がけます。
 

外出が少なく、暑さになれていない高齢者の方は、
外出時には特に注意しましょう。

 
高齢者の方は、体温調節の機能や、気温を感じる機能
が衰えていますので、気温が高くなっていることに
気がつかないことが多いです。

 

温湿度計などで、室温を確認し、
適切にエアコンを使うなどして、対策をしましょう。


ご家族や周りの方も、ご配慮ください。



■栄養・休養・睡眠 をしっかりとりましょう


3度の食事を規則正しくとったり、ぐっすりと眠れるように
工夫をし、翌日に疲れをもちこさないようにしましょう。

 

熱中症になった翌日以降に注意することは

 

いろいろと気をつけていても、熱中症になってしまうことも

あるかと思います。


熱中症は、症状が軽くて回復したとしても
体力的には相当なダメージが残っています。

 
ある研究では、熱中症で体温が高くなると、
大腸菌で作られた毒素が血液中に漏れ出て、正常に戻っても、
体の免疫力が落ちるといわれています。

 
熱中症は回復しても、病院を受診し大事をとって
しばらく休養をとりましょう。

 
水分補給に最適なのは、やはりこれかなと思います。


スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. bb1-1
  2. resippw-3
  3. re12
  4. kkk
  5. hytuo-1
  6. sor1-1.fw
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*

Comments links could be nofollow free.

人気記事ランキングBEST10!

検索

アーカイブ