頸椎症性神経根症とは?その症状と原因・早期発見するには!?

  • 頸椎症性神経根症とは?その症状と原因・早期発見するには!? はコメントを受け付けていません。

最近増えている”頸椎(けいつい)症性神経根症”
をあなたはご存知ですか?

管理人は皇后美智子さまのニュースで
初めて知りました。

さらに、日本人はかかりやすいとも!

スポンサードリンク




誰もがかかる可能性がある”頸椎(けいつい)症性神経根症”

について、詳しく調べてみました。

皇后さまは、頸椎(けいつい)症性神経根症による左肩から腕への激しい痛みが続いているため、26日に予定していた養蚕作業と「みどりの式典」への出席を取りやめることになった。行事の欠席は3日連続となる。宮内庁が25日発表した。養蚕は後日行うことを検討する



頸椎(けいつい)症性神経根症とは


首の骨や首部分の椎間板が、変形(膨隆・骨のとげの形成)

することによって 起きる疾患です。


首は、7個の骨と椎間板で構成されています。
その7個の骨の間にあるのが 椎間板です。


この椎間板が変形することで、神経根(神経の根元)が圧迫され
痛みが 発生します。

中年から中高年の人に多く発生します。

その症状は


肩や腕の痛みから腕や手指のシビレなども多く、軽いものから

耐えられないものまで様々です。

そして、頚椎を後ろにそらせると症状が増します。

首には脊髄がとおっていて、何万というたくさんの神経を
束ねている大切な場所です。

症状が悪化すると、自立神経失調症から、うつ病
至るということもあるようです。

原因は


主な原因は、加齢による頚椎症(椎間板の膨隆・骨のとげの形成の変化

神経根が刺激をうけたり、圧迫されることで起こります。


遠近両用めがねでパソコン画面を

顔をそらせて長時間見ていることなども
原因になることがあるそうです。


さらに悪化させる原因には次のようなものがあります。

30分以上同じ姿勢をとること・・・パソコン・スマートフォンなど

重い荷物を持つこと

寝違い

また、首の老化は、なんと20代から始まっているそうで、
変形し始めるのは 40代からということです。


首は、体のなかでも弱い場所です。
体重の平均10%の重さの頭を支えないといけないからですね。


頸椎は1番~7番の7個の骨で構成されており、5~7番の骨の変形によって
症状が悪化することが多いそうです。


また、最近は、パソコンワークや、スマートフォンの操作など、
長時間同じ姿勢をとることが多いので注意が必要ですね。


これは30分くらいで、一度立ち上がり、姿勢を正したり軽い運動を
することでリセットできます。


Sponsored links


日本人はかかりやすい?

整形外科の先生によれば、骨格的な面からみて、欧米人よりも
日本人のほうが首が弱いので椎間板の病気にかかりやすいそうです。


日常生活での注意が必要ですね。

治療法は


基本的には自然治癒するそうです。

症状が出ないように首を後ろにそらさないようにするとか、
場合によっては 消炎鎮痛薬の投薬が有効ですが、
激痛の時期がすぎれば、気長に治療をしていきます。


強い痛みがあり、日常生活ができない場合には手術を行う場合もあるそうです。

 

早期発見するには


頸椎症性神経根症を早期発見できれば、軽い症状の内に
治療することが できますね。


首の病気のシグナルや、頸椎症の前兆はには
どんなものがあるのでしょうか?


①しつこい肩こり
肩コリは、多い症状ですが肩コリには2通りあるそうです。

筋肉疲労による肩こりの場合・・マッサージなど、血行をよくする ことで、改善します。

首に原因のある場合・・・マッサージでもなかなか治りません。

※肩コリの原因は、内臓の病気に原因があることもありますので、
頑固な肩コリは、受診されるのがいいかと思います。


②めまい・頭痛

首の骨の上の部分に炎症が及ぶと、めまいや頭痛の症状が現れます

③手足のしびれ

さらに悪化すると、手足のしびれが現れます

気づいた段階で早く、専門医に受診することが大切ですね。

 

●首のトラブル故障度チェックというのがありました。
首は悪化していく過程で自覚症状が現れるので初期の段階で
早く 気づくことが大切です。

首のトラブル故障度チェック(6項目)
ボタンをうまくとめられない
歩いているとふらつく
小さいものをうまくつかめない
手に力が入らない
字がうまくかけない
手すりにつかまらないと階段の上り下りができない

6つの項目のうち1つでも該当していて、 それに加えて首の痛みや
肩こりがある場合は、要注意です。

 

その他の代表的な首の病気には、変形性頸椎症 頸椎椎間板ヘルニア があります。



◇変形性 頸椎症

首の痛みのほとんどがこれに該当していると言われます。

特に中高年の方は注意が必要だそうです。


◇頸椎椎間板ヘルニア

椎間板が神経を圧迫してしまう疾患です。

腰のヘルニアと同じ 症状ですね。


首の病気の予防で大切な3つの事


①S字ラインを保つこと

S字ラインです。
出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/pocketcompany/1000717.html

どの疾患にも共通している予防法は、

日常生活で背中のS字カーブ
くずさない 正しい姿勢を保つことです。


体の中心にある背骨は、横からみるとS字カーブに
なっているのが 正常ですね。

これは、S字になることで頭の重さを分散
しているのです!


このS字ラインがくずれてしまうと、いろいろな痛みが
あらわれて しまいます。

その、S字ラインのスタート地点が首になります。


②軽い体操や首を温めること

どちらも、血行をよくしてくれます。
首を回すのは、いけないそうです。


③適正な枕を使う事

いろいろなオーダー枕もありますが、まず自分の首の状態を知るために
専門家にみていただくというのが重要です。

そして、枕の大きさも首にもかかるくらいに大きなものが良いそうです。
 

毎日の何気ない動作や生活習慣を見直すことでも、
首の病気は予防することが できるそうです。



特に、姿勢のことなど、反省することがたくさんありました。
また、加齢による、変形をすこしでも遅らせるためには、

サプリメントも有効なのではと思います。


我が家には「腰部脊柱管狭窄症」の家族がいますが、
病院のお薬のほかに良いものはないものかといろいろと探したところ、
漢方では、骨や軟骨を強くするという処方があるとのことでした。

サプリメントでの、摂取も良いとのこと。

ただ即効性はないそうで、変形が始まってしまう40代くらいから、
備えておいたほうがいいのかもしれないですね。

 




スポンサードリンク


  • 頸椎症性神経根症とは?その症状と原因・早期発見するには!? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. isya-1
  2. syugg-4
  3. rakunou-2
  4. asaiti-2
  5. teteyy-2
  6. resippw-3
コメントは利用できません。

人気記事ランキングBEST10!

検索

アーカイブ