麻疹(はしか)関西で拡大中!感染を防ぐ予防対策は?

  • 麻疹(はしか)関西で拡大中!感染を防ぐ予防対策は? はコメントを受け付けていません。

『 関西国際空港で麻疹(はしか)集団感染 』!!

麻疹(はしか)といえば子供の頃にかかる感染症。
なぜ今、集団感染なのかと疑問に思ってしまいますね。


そして、「麻疹(はしか)だったらすぐ治るよね;」と
考えていると、取り返しのつかない結果になることも!

スポンサードリンク




麻疹(はしか)に注意が必要なわけは
脅威の感染力で乳幼児も大人も
重症になる可能性もあるからなんです!


今回は、キャストで取り上げられていた麻疹について
ご紹介します!

今回の麻疹(はしか)の感染経路は?


はしかの感染ルートはこちらです。
出典:キャスト

発端は、7月下旬に国外から入ってきた麻疹ウイルスに
6人が感染しました。


そのなかの一人の方は、
千葉で行われた大規模なコンサートに参加。

厚生労働省は同じ会場にいた2人にも
麻疹の症状がでていると発表。


さらに、関西空港では最初に感染していた
20代の職員から感染が広がり、
合計31人が麻疹と診断されました。


感染が拡大しているという麻疹とは
どのような疾患なのでしょうか?

麻疹(はしか)とは?


麻疹(はしか)は世界中で見られる感染症
ウイルスにはいろんな型があるそうです。

今回の感染も、同じ型ということが
確認されています。


そして、麻疹は脅威の感染力をもっているのです!

 麻疹は麻疹ウイルス(Paramyxovirus科 Morbillivirus属)によっておこる感染症で、人から人へ感染します。感染経路としては空気(飛沫核)感染のほか、飛沫や接触感染など様々な経路があります。感染力はきわめて強く、麻疹の免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、12~14人の人が感染するとされています(インフルエンザでは1~2人)。
出典:http://idsc.nih.go.jp/disease/measles/QA.html


麻疹は空気感染や飛沫感染で、感染力が強いです。

咳によって空気中に出たウイルスは
2時間くらいは感染力をもって部屋の空気中を
漂っているそう。


なので、物についたウイルスを触り口や鼻から
感染するよりも、空中を漂っているウイルスからの
感染が多いとされます。


感染力が強いので、発症者の近くにいた場合
麻疹の免疫のない人では90%以上の確率で感染するのです。


マスクも手洗いもあまり効果がないとも<(゚ロ゚;)>

そんな麻疹の症状を確認してみましょう。

麻疹(はしか)の症状

はしかの症状は?
出典:キャスト


淀川キリスト教病院
谷 均史先生の解説です。


免疫がない人は、ほぼ全員がかかってしまう
という強烈な感染力です。


麻疹の潜伏期間は約2週間。

そのあとに、38℃の発熱と鼻水・目ヤニ
あるので、風邪をうたがってしまうことも。


約5日目には、熱が少し下がり治ったかなと
思いますが、数時間後にまた、39℃以上の高熱がでます。


そして、2回目の発熱から、体に発疹が出始めます。


口の中にも麻疹特有の、コプリック班という
白い斑点が出ます。
これで麻疹と診断されることも!



治療法では特効薬はないため、対症療法で
自然治癒を待つことしかできないのが現状です。



では、今回の麻疹感染拡大に
予防する方法はあるのでしょうか?

Sponsored links


麻疹(はしか)感染を防ぐ予防対策は


麻疹(はしか)の予防対策は
『 ワクチンを接種する 』ことしかないのが現状です。

さらに発病した場合も、治療する薬はなく
対症療法しかないのです!


過去に、麻疹に罹っている場合は
免疫ができているため感染者と接触しても
麻疹にはかかりません。


ですが、麻疹に罹っていなかったり
ワクチン接種が1回で、免疫が獲得できていないと
感染する恐れがあるのです!


「麻疹に対する免疫がないかも?」と不安ですね。
そんな場合はまず、麻疹(はしか)の抗体を確認するため
医療機関で検査をおこなってみてください。


そしてもしも抗体がなかったら、ワクチンを接種
し、抗体を獲得すると万全です。


また、感染者と接触しても72時間以内に
麻疹ワクチンを接種する
万が一発症した場合でも症状を軽くすることができるのです。


さらに、もしも72時間を過ぎてしまった場合でも
6日以内であれば、ガンマーグロブリンを接種
すると、軽症化できるそうです。

ガンマグロブリンというのは人の血清から、いろいろな種類のウイルスに対する抗体(ウイルスをやっつける蛋白質の一種)を取り出したものです。
もちろんはしかの抗体もたくさん含まれており、これを注射することにより、生きたはしかのウイルスが入ってきてもそれをやっつけることで、はしかが軽くなるというものです。
ガンマグロブリンは感染後4~6日までに使用すると、発病予防ないし、軽症化に有効であるといわれています。
それ以後に使用してもあまり効きません。効果があるという意見もあります。
出典:http://senoopc.jp/drug/gamgl.html


麻疹(はしか)の致死率は1000人に1人といい
決して、侮れない病気なんです!

ぜひ、予防対策をしましょう。


番組では、熱がでて体に発疹ができるという
麻疹と紛らわしい病気について解説いただきました。




麻疹とその他の感染症の違い


よく似た感染症です。
出典:キャスト

発熱があって体に発疹がでる感染症は
麻疹以外にも、風疹・水ぼうそう・おたふく風邪
とありますね。


それぞれについて、解説いただきました。




  • オレンジチェック麻疹(はしか)

    [症状]

    高熱・目ヤニ・発疹

    [注意]

    成人の場合:脳炎
    乳幼児の場合:中耳炎
           1歳児のワクチン接種率が50%と低いため
           乳幼児が感染し発症してしまうと死亡する場合も!
      
           今も毎年数十人が亡くなっています。
           0~4歳児が大半です。
           
           
  • オレンジチェック風疹(ふうしん)

    [症状]

    微熱・全身に淡い発疹・3日で治まる

    三日麻疹とも言われます。


    [注意]

    免疫のない女性が妊娠の初期にかかると
    母親を通して胎児が麻疹に感染。

    出生児に先天性風疹症候群といわれる
    障害を引き起こす可能性があります。



  • オレンジチェック水疱瘡(みずぼうそう)

    [症状]

    38℃以上の発熱
    液体を含む水疱

    [注意]

    成人:重症化し、脳炎や肺炎になることも。

       自己判断で解熱鎮痛剤のアスピリンを服用し
       ライ症候群という合併症を引き起こす場合もあり  
       注意が必要です。

    乳幼児:肺炎や脳炎など重症化することも。


  • オレンジチェックおたふく風邪

    [症状]

    38℃以上の発熱
    耳の下の腫れ

    [注意]

    子供:難聴になることも。

    成人男性:精巣炎(4人に1人の確率)
         不妊症の原因になることも。

    成人女性:卵巣炎(10人に1人の確率)
         妊婦の場合、胎児への影響はありませんが
         流産してしまうことも。


まとめ


感染が拡大している麻疹(はしか)について
みてきました。


日本でも、毎年乳幼児を中心に数十人もが亡くなって
いるという現実があり、ワクチンの重要性を再認識!


さらに世界では深刻な状況で
2006年では、推定で24万2000人もの人が
亡くなっているのです!


これからも、情報を取り入れて事前に
予防をしたいですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク


  • 麻疹(はしか)関西で拡大中!感染を防ぐ予防対策は? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. bar
  2. satadet3
  3. torii-3
  4. tikin38
  5. petotoo-1
  6. jisint-1
コメントは利用できません。

人気記事ランキングBEST10!

検索

アーカイブ