熱中症予防2016!腸から始める対策とは?

  • 熱中症予防2016!腸から始める対策とは? はコメントを受け付けていません。

『 2016年は、観測史上最も暑い年になる 』
とNASAの気象学者ギャビン・シュミット博士は指摘しています。

温暖化の影響なのか、毎年暑くなっているように思います。
暑くなると注意したいのは熱中症。

喉が渇く前に、こまめな水分補給することや
睡眠を十分とることが大切なことは
みなさん実践されていることと思います。

ですが、それだけではまだ十分では
なかったんです。

スポンサードリンク




それは、水分補給をしていても、腸内環境が乱れていると

十分に吸収できないことも、あるのです!


さらに、
腸と自律神経の乱れから、腸内バリア機能が低下すると
熱中症を招いたり、その症状を悪化させてしまうのです。


管理人も暑いのは苦手、高齢の家族もいるので
今から腸内ケアを始めなくちゃと思います!

では、熱中症予防対策の第1歩は
腸ケアにあるといわれる訳から見ていきましょう。

腸ケアから熱中症予防!

腸内環境が崩れると熱中症になりやすい?


腸内環境や自律神経が乱れると
熱中症にかかりやすかったり、悪化しやすくなってしまう
のは、なぜなのでしょうか?

それは、腸の働きと自律神経が密接な関係にあって
互いに影響しあっているからなんです。



腸と自律神経は密接に関係しています。


腸と自律神経の関係です。



自律神経が乱れる原因


  • 花粉症などで腸の免疫機能が低下
  • 急激な気温の変化
  • 室内と戸外の温度差が大きくなる
  • 下痢や感染症
  • ストレス
  • ホルモン分泌量の変化


自律神経が乱れバランスが崩れると腸内環境が悪化し

腸内環境の乱れは、自律神経のバランスをくずす原因に
なるということ!

熱中症のリスクがアップします。
これからの季節は、急激な気温の変化や温度差
花粉症などの環境要因で、自律神経のバランスが崩れやすい時期。

さらに、女性特有のホルモンバランスの乱れや
分泌量の低下などが重なると、熱中症のリスクが高まるのです。

自律神経の乱れが腸内環境の悪化と
互いに影響しあうと、熱中症にかかりやすく、
さらに、悪化しやすいというおそれも!!


Sponsored links



腸内環境が悪化すると?



腸の上皮細胞です。
出典:日経ヘルス2016年7月号


腸の内側には上皮細胞があり

腸内環境が良いと、二重三重のバリア機能が働いて
有害なものを排除したり水分吸収も十分にしてくれます。


ですが、自律神経の乱れから、腸内環境が悪化すると
水分補給していても、十分に吸収できないことにも!


すると熱中症にかかりやすくなり、
熱中症にかかると、さらに腸内環境は悪化!


悪化した腸内環境では、LPS(リポポリサッカライド)
という毒素が分泌されることで、腸の上皮細胞が
死滅する
ことが、動物実験でわかっているのです。


上皮細胞が破壊されると、バリア機能が働かなくなり
有害物質が血液に入り込むことから、さらに全身に
炎症を引き起こす原因になると、小林弘幸先生は言います。


高脂肪食を食べることも、腸内環境を悪化する原因の一つだそう。

本格的な暑い夏を迎えるまえに
早めに腸のケアをし腸内環境を整えて
熱中症予防をしておくことが大切ですね。


では具体的に、どうすればいいのでしょうか?

今日から始める熱中症予防


腸内環境を整える腸のケアは、熱中症予防だけでなく
がんをはじめとする生活習慣病を予防して、
健康に生活するために、欠かせないものですね。


check-t19今日から始める熱中症予防は次の3つ♪


  • 腸ケア
  • 水分補給
  • 自律神経ケア


では、順にご紹介します。


腸ケア



腸ケアには食物繊維+乳酸菌です。


ポイントです。

  • 食物繊維をとる
  • 有用菌(乳酸菌やキムチなど)をとる



腸内環境の改善には、

食物繊維 & 乳酸菌のWでケアすることが大切。

乳酸菌を食べるだけでは十分なケアには
ならないということ。


腸内細菌の栄養源、エサになるものを
プレバイオティクスと言います

その代表には、胃や腸で消化されずに大腸まで届く
炭水化物や食物繊維・オリゴ糖がありますが
こうしたものは腸に欠かせないもの。

乳酸菌といっしょに摂ることで
腸内環境が整うと、自律神経にも相乗効果
あるということですね。


オリゴ糖は乳酸菌や腸内細菌のエサになりますね。

オリゴ糖を食べると、ストレス状態の指標の
コルチゾールというホルモンの分泌が低下する
ことが分かっています。


また、ヨーグルトやキムチなどに含まれる乳酸菌は
下痢や便秘を抑えて、有用菌を増やしてくれます。


このように、乳酸菌や食物繊維・オリゴ糖などを
摂ることで腸内環境が改善、そうすると腸のバリア機能も
正常に働いてくれるのです。


水分補給



ポイントです。

  • 朝食を抜かない
  • 炭水化物は適度にとる
  • 水分をこまめにとる

水分補給というと、スポーツ飲料などを

飲むことが一番に考えられますね。


でも、実は一日3回の食事での水分補給も
とっても大切なんです。

一日に、尿・便・汗などで、体から排出される水分は
合計すると、約2リットルから2.5リットルもあります。


じゃあ、毎日約2リットルから2.5リットルの水分を
飲まないといけないの?と思いますね。


ここで大切なのが食事。

食事をするととれる水分に加えて
食物が分解されて体内で発生する代謝水もあるのです。

これは食事をしないと、得られない水ということ。


さらに、炭水化物を抜くことも
水分不足につながる可能性もあるとされています。


このように、食事や体内で発生する代謝水での
水分量は、一日1リットル前後と考えられます。


なので、食事以外から補給する必要のある水分量は
約1.5リットル以上といいます。


これは、そのときの気温や状況(屋内、屋外など)により
臨機応変に対応をされるといいかと思います。


また、喉が渇いたと思うと、体はすでに2%ほどの脱水状態
なっているといいますね。


のどが渇くまえに、早め早めにスポーツドリンクなどで
水分・塩分・糖分などを補給されることが
熱中症を予防するためには、重要ですね。




自律神経ケア



ポイントです。

  • お風呂に入る
  • 睡眠不足に気を付ける
  • 運動をする


睡眠不足や疲労も熱中症リスクを高めて
しまいます。


夏場はついつい、シャワーだけですませてしまいがちですが、
入浴によって、汗をかくと汗腺が増えるので
自律神経も活性化されやすいのです。


同じように運動して汗をかくことも
暑さに体を慣らすことができるので
熱中症予防対策には大切です!


まとめ


今年は猛暑つづきだった昨年よりも、もっと暑くなりそう
ということ(゚д゚)(。_。)


暑くなるとついついシャワーだけで済ませたり
運動不足になってしまう管理人ですが
今年は、もっと積極的に熱中症予防をしていきたいと反省ばかりです。


腸ケアと自律神経ケア・水分補給の3つの対策
を実践し、猛暑を乗り切りましょう!!


最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


  • 熱中症予防2016!腸から始める対策とは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. torii-3
  2. gww
  3. kyti1-2
  4. 酢ゴーヤです。
  5. ki
  6. kusurr-3
コメントは利用できません。

人気記事ランキングBEST10!

検索

アーカイブ