活断層とは?日本には2000以上ある!次に危ないのは?

  • 活断層とは?日本には2000以上ある!次に危ないのは? はコメントを受け付けていません。

熊本地震により被災されました皆様に
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復興されますようお祈り致します。

今、全世界で起きている地震の10分の1は
日本や日本の周辺で起きているといいます。

また、前回の南海トラフ地震から70年たち
南海・東南海・東海と3連動地震が起きるのでは
ともいわれています。

スポンサードリンク




今回は、TBSのビビットで放送された

活断層についての内容をもとに、ご紹介します。

実は管理人は、今まで地震の備えを
ほとんどしてこなかったんです。

しなくては!と思いながらも
備えをすると、本当に地震がきてしまうかも?

という不安な気持ちからだったのですが。
今は、『 しっかりと備えをしておかなくては 』
と、この番組が後押ししてくれました。

番組が放送されてから、少したっていますが
やはり、しっかりと記録しておこうと思います!


どこでどんな地震が起きるかもわからない
日本に住んでいる以上、避けては通れないと
実感しています。

活断層とは?

活断層地図です。
出典:http://officeyajima.com/date/2012/03/

活断層は、現在2000以上あるといいます。
日本中に満遍なくあって、地震が起きない場所は
ないと言うこと!

関東平野には、活断層が少ないですが
これは、構造物や建物が密集しているために
活断層の調査ができないことから、わからないのだそうです。


活断層の調査は、まずは目視で見つけた場所を
実際に、深さ5メートル、長さ20メートル掘り下げて
調べるという大変な作業。

なので、まだ、わかっていない活断層も
たくさんあるかも知れないということ!



ではそもそも、この活断層とはどのようなものでしょうか。

活断層とは、今から260万年前以降
活動した証拠のある断層のことをいいます。


つまり、260万年前から現在までの間
地震を起こしたことがある断層を活断層
というのです!

260万年なんて、想像もつかないし、
遥か遠い遠いむかしと思ってしまいますが。

ですが、地球が誕生したのが46億年前くらいと
考えると260万年は、ごくごく最近のことだそうです!


また、活断層は周期的に動いていますが
その周期には大きな違いがあるんです。


トラフ型地震の周期は、100年から200年単位ですが
断層型地震は、1000年から1万年単位と長いのです!


そして活断層の中には、特に注意が必要な主要活断層
97箇所あります。




主要活断層とは?

97箇所の主要活断層です。
主要活断層です。
出典:ビビット

主要活断層とは、長さ20km以上の活断層帯
マグニチュード7.0以上の巨大地震を引き起こす
可能性のあるものとされています。

地震調査委員会が定め、全国に97箇所あります。


甚大な被害を起こした1995年の阪神・淡路大震災は
六甲・淡路島断層帯の一部が動いて発生したものなんです。

さらに、97の主要活断層は、それぞれ専門家が
計算し、発生確率を出しています。


特に発生確率が高いといわれるのは10%以上
といいます。

発生確率10%以上の活断層です。
出典:ビビット

最も発生確率が高いといわれるのは
糸魚川ー静岡構造断層帯
30年以内の地震発生確率:13%~30%・M7.6程度



なのですが、実は今回の熊本地震では
次の活断層が動いたのです!
熊本活断層の発生確率です。
出典:ビビット

今回揺れたのは日奈久(ひなぐ)断層帯
布田川(ふたがわ)断層帯。



check-t19日奈久(ひなぐ)断層帯⇒30年以内地震発生確率は不明
  (高野ー白旗区間)

check-t19布田川(ふたがわ)断層帯⇒30年以内地震発生確率 0~0.9%


発生確立が高いといわれていたところが

動いたのでなく、発生確率が不明の区間や
0~0.9%という区間がゆれたということ!


どの活断層が動くのかは、
やはりわからないということだと思います。

Sponsored links


地震の種類

地震には、2つの種類があります。



  • 活断層型

    土の中にある活断層が上下左右にずれることで
    地震が発生します。

    今回の熊本地震もそうですし、阪神淡路大震災
    などが活断層型です。

    活動周期:1000年~1万年


  • 海溝型

    プレートが動くことでおきる地震。
    海のプレートと陸のプレートは人が息をするように
    毎年数センチづつ動いています。

    海のプレートが重いため、陸のプレートに潜りこみ
    限界点がくると、元に戻ろうとします。
    もどったときに地震が発生!

    戻る衝撃で海面があがり、津波が発生するのです。
    東日本大震災は、この海溝型地震です。

    活動周期:100年から200年


海溝型地震はプレートが動くことで

起こりますね。


プレートとは、地殻とマントルの最上部をあわせたもので
地球を覆う、100kmくらいの岩盤のことなのです。
世界中には、14、15枚のプレートがあるのだそう。


そして日本は、北アメリカプレート・太平洋プレート
ユーラシアプレート・フィリピン海プレート
4枚のプレートの上にのっているのです!

日本は4つのプレートにのっています。
出典:ビビット

世界広しと言えど、4枚のプレートに
のっている国は、日本だけなんですね。

さらに活断層は見つけにくいと言われます。

活断層は見つけにくい?


活断層地震と思われる?
出典:ビビット

活断層型の巨大地震は、今までも起きています。


  • 2000年の鳥取西部地震(M7.3)
  • 2008年の岩手・宮城内陸地震(M7.2)


いずれも地震があった後に、活断層が

見つかったのです。
なので、活断層による地震と見られるとされています。

はっきりと断定できないくらいの
難しさがあるということ!

まとめ


活断層に4つのプレート、地震国日本とリサーチするほどに

”いつどこで、どんな地震が起きてもおかしくない”
と再認識。

プレート地震では、今危険性の高いのは
南海トラフ地震といわれますね。
マグニチュード8~9クラスがおきるのではと!

地震国日本に住む以上、悲しいことですが
できるだけの備えや、心構えが必要なのかなと
思います。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


  • 活断層とは?日本には2000以上ある!次に危ないのは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. resip13
  2. rgym-1
  3. edgyh-2
  4. saidor-2
  5. bitikuu-1
  6. okok-1
コメントは利用できません。

人気記事ランキングBEST10!

検索

アーカイブ